ケアマネ試験の合格法

たく
たく

こんにちわ
今回は、ケアマネ試験合格法についての記事です。

介護支援専門員実務者研修(ケアマネ)試験は、ケアマネージャーの資格を取得するために必要な試験です。
筆記試験が年1回実施されています。

受験するには、介護福祉士や社会福祉士について実務経験が約5年以上必要になります。

最短で合格するための学習方法についてみていきたいと思います。

過去問を見る

まず過去3年程度の過去問をざっと見て試験の傾向を知ります。

試験は大きく分けると「介護支援分野」と「保健医療福祉サービス分野」の2つの分野から出題されます。
試験の傾向を見て、ゴールを設定しないと具体的にどのように勉強したらいいかが分かりませんので、

まずその傾向を知ることが大切です。

問題は客観式で60問です。

論述の問題はありませんので、結局覚えたか覚えてないかで合否が分かれます。

1問ずつのウェイトが高いので、ミスのないように解答していくことが必要です。

問題集を読んで覚える

私はユーキャンの参考書を数冊購入し、覚えることに徹しました。


効率的に勉強するには朝の時間を有効に利用することです。

朝の時間に勉強することをベースに必要な用語等を覚え、空き時間にちょこちょこ本を読んで知識を上書きしていくイメージです。

こうして繰り返し問題を読んでいくことで記憶を定着させます。

エビングハウスの忘却曲線というものがありますが、人の記憶は保持する時間がおおよそ決まっています。
その忘れた部分を繰り返し学習することで上書きしていく感じです。

再度、過去問を解く

繰り返していくうちに記憶が定着していくと思いますので、
再度過去問を解いていきます。
そこで自分の得意な分野不得意な分野がだんだんわかってくると思いますので、
不得意な分野に学習時間をかけるようにしていきましょう。

新しいテキストを購入する

同じテキストばかり学習していては飽きますので、次に新しいテキストを購入していましょう。

テキストによっては学習の狙いや試験の捉え方が違いますのでさらに学習は深まると思います。

まとめ

このように学習を繰り返していくうちに自分の成長が感じられ学ぶことが、楽しくなっていくと思います。

後は具体的に自分が合格するイメージを頭の中で描き学習を続けていきましょう。はじめに過去問を読み、

具体的に攻略の方法を考え、ゴール設定をすることでより合格が近くなると思います。

ケアマネージャーの合格率は17%程度とあまり高くはないですが、繰り返し学習していくことで

必ず合格に近づく思います。

この記事が合格の方法として少しでも役に立てば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA