Apple Pencilをなくす不安から解放される、KINGONEのスタイラスペン

Apple Pencilを使っていると、なくしたり、壊したらどうしよう。
と不安に感じている人多いと思います。

Apple Pencilは1万円以上もするので、
壊れたり、無くしてしまったらショックですよね。

そんな時に替わりになるアイテム
それがKINGONEのスタイラスペンです。

このペンを使えば、Apple Pencilを無くす不安から解放され
使用頻度が増えると思います。

まだ、Apple Pencilを購入していないあなたにも
役立つ内容ですので、参考にしてください。


では、主な特徴を3つ紹介したいと思います。

価格

約3,000円でapple pencil第二世代の1/5程度で購入できます。

これなら、気軽に購入できますね。
第二世代対応のiPadでも使えます。

気軽にカバンに放り込んで
ガンガン使う
なんて使い方ができて
使用頻度も高まりそうですね。

この価格設定はほんとに嬉しいです。

使い勝手


書きやすいです。

私は、M1チップiPadProを使っていますが

apple pencil第二世代と
同じ感覚で書けます。

GoodNotes 5で使用例

ただし、筆圧感知機能はないので
注意が必要ですね。
絵を描くことが多い方は、純正のApple pencilがいいかもしれません。

パームリジュクション機能は、搭載されているので
使用時、ペン先以外は反応しません。

私が仕事で利用している
GoodNotes 5を使う上では、特に困ったことはないです。

使い方と充電方法

純正のApple Pencilは
電源のOn Offがなく
そのまま使えますが
このスタイラスペンは、使う時に背面のワンタップが必要です。

電源On時

このように、背面をワンタップして使います。

ワンタップしないと、ペン先が反応しないので注意が必要ですね。

Offにする時は、再度ワンタップ

電源Off時

青い光が消えたらOffの状態です。
軽くタップすれば、消えます。

また、タップを忘れても、5分間放置すると自動スリープ
30分間放置すると自動Offとなり
消し忘れの心配は不要です。

充電は、USB-C端子にて充電します。

同梱のUSB-Cケーブル

1時間充電で、10時間稼働

点滅で、充電不足
緑で、充電完了です。

その他に、ペン先も付属で3つ入っています。
消耗した時に、交換できるのも嬉しいですね。

iPad ProにLogicool Combo Touchを装着

iPadにマグネットで付きますが
充電はできません。
持ち運ぶ時には、良さそうですね。

まとめ

安くて、apple pencil第二世代と遜色なく使える
KINGONEのスタイラスペン

ガンガン使いたい方
物をすぐに無くしてしまう方
もう1本予備で持っておきたい方

特にオススメです。

値段以上の価値があると思います。
迷ってる方、ぜひ試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA