レプリカジーンズ、ステュディオダルチザンのSD-101を買ってみた

私は、普段からいろいろなレプリカジーンズを穿いてエイジングを楽しんでいます。
リゾルト710、ウエアハウス、シュガーケーンなど
それぞれ特徴的でどれも、個性のある色落ちをします。

以前、リゾルト710については、書きましたので
参照ください。

最近、老舗のレプリカジーンズを穿きたくなり
以前から欲しかった、ダルチザンのジーンズを手に入れたので
これから、ダルチザンを買う予定の人
レプリカジーンズを買ってみたいけど、どれを選んだらいいか悩んでいる人
ぜひ、参考にしてください。

ダルチザンについて

1979年に創立した、ジーンズの聖地岡山の老舗のメーカーです。
生地や糸、染めにこだわりがあり、裁断から加工まで自社工場で行う
数少ないジーンズです。自社で生産することで細部まで質にこだわることができ
長く付き合える1本に仕上がります。

私が特に気に入っているモデルは、定番ジーンズと呼ばれる
SD100シリーズです。

101:レギュラーストレート
102CB:一番ルーズなシルエット
103:タイトストレート
107:スーパータイト
108:リラックステーパード

私は、今回一番ベーシックな101を購入しました。
15ozとちょっと厚めですが、穿きやすいシルエットと飽きのこないデザイン
すごく気に入っています。
これから、どのように育っていくか楽しみです。

お尻のステッチもかわいくて気に入っています。

染めの濃さ

ダルチザンといえば、何と言っても染めの濃さ。
これを求めて購入する人が多いと思います。

染めが濃いと、色落ちしていくと濃淡のコントラストがつきやすく
ジーンズの魅力である色落ちを思いっきり楽しめます。
自分が育てた、世界に一つのジーンズを育ててみたいですね。

公式サイトでは、エイジングギャラリーもあり
見ていると思わずため息が出ます。

公式HPより

購入時の注意点、サイズ選び

ジーンズを選ぶ時に、大切なのはサイズ選び。
ウエストとレングスは、一度決めてしまうと変更できないので
フィッティングは大切です。
どんな感じで穿いていきたいか、InstagramなどのSNSで他の人が穿いている
穿き方やシルエットを参考にすればいいと思います。

私は、ジーンズの股関節あたりに入る髭や
膝裏のハチの巣の当たりを強くだしたいので
なるべくジャストサイズ穿いています。

レングスは、2ロールアップくらいで野暮ったく穿くのが
ダルチザンの雰囲気に合ってるかな
と思いサイジングしています。

皆さんも好みがあると思いますので
イメージ作りをして購入してください。

ダルチザンのジーンズは他のメーカーに比べ
少し小さめに作られているような気がしますので
オンラインで購入する場合は注意してください。

まとめ

レプリカジーンズに初めて挑戦する人
いろいろなものを試してきたけど
次の1本に迷っている人

ダルチザンのSD100シリーズをお勧めします。

今回、SD-101を購入したので、
次回は、タイトなモデルSD-103にチャレンジしたいと思います。

皆さんもぜひお気に入りのダルチザンのジーンズを見つけて
買ってみてください。

ヒノヤさんがユニオンスペシャルで裾上げ(無料)で
やってくれるみたいなので、いいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA